ほ場について

本研究ほ場は、遺伝子組換え植物の安全性試験を行うためのものです。この施設で行われる試験は、全て国の認可を得た後、学内の承認を経て行われます。研究ほ場は、宮崎大学木花キャンパス北東の産学連携支援センターの隣に位置しており、この敷地の周辺は、種子を含む植物体の圃場外への流出や花粉の飛散を抑制するための防風林に囲まれています。

ほ場の位置

このほ場は、宮崎大学(木花地区)敷地内に設置されております。

ほ場の構造および区画

ここには、1.関係者以外の立ち入りを規制するフェンス、2.圃場に降った雨水を一時的に貯水し、浸透させて排水する排水槽、3.大雨の緊急時に一旦雨水をため、その上澄みを排水する緊急排水槽、4.人の履物や機械に付着した土壌等が研究ほ場の外に出ないようする洗浄施設、5.その他、管理棟、農機具倉庫、気象観測装置、などが設置されています。

気象観測データ

このほ場内に設置されている気象観測装置で得られたデータは、本ページより利用することができます(学内のみ)。

宮崎大学(木花地区)気象観測データ